Photoshopデータの入稿

データ作成時のご注意点

ダブルトーン、インデックスカラー、RGBカラー、Labカラーデータはオフセット印刷データとして使用できませんので、CMYKモードにしてから入稿してください。
画像解像度は、使用原寸サイズでカラー・モノクロでは350〜400dpi、モノクロ2階調では1200dpiお薦めします。

解像度の低い画像を「画像の再サンプル」にチェックを入れて解像度を上げてもほとんど意味がありません。最初から高い解像度のデータをご使用下さい。

クリッピングパスを使用している場合、クリッピングパスの平滑度は「0.2」にしてください。 

大きい数字を入力されますと、切り抜いたフチが滑らかにならず、仕上がりに支障がでます。

データ保存時のご注意点

レイヤーは「レイヤーオプション」より「画像の統合」で一つにしてください。
保存形式はカラーモードの場合、「EPS形式」、「Photoshop(PSD)形式」、「TIFF形式」でお願いします。

まずはお電話下さい。

このページのトップに戻る