電子化業務

お手元の本や書類・報告書等を弊社にてデータ化します!

企業や学校・公的機関においては様々な書類が生まれます。また、それらは実物として置いておかなければならないものもあれば、作成したまま紙として放置されているものもあります。保存用として置いておくのであれば、データにしてしまうのが一番です。弊社にて書類をお預かりし、スキャニングいたします。

お預かりした印刷物は高解像度スキャンにてスキャニングします。報告書や論文など、紙ベースでしか残っていない場合でも、弊社で実物からデータ化することが可能です。スキャニングにかかる時間については弊社スタッフまでお問い合わせください。

データ化による省スペースを実現。データなので管理も楽々!

書類をデータ化することで、現在場所を占めているスペースを空けることができるようになります。大きな会社になれば資料室で部屋が1つ丸ごと使われていたり、棚が紙で占領されていたりする場合もあります。また、データで管理することにより、過去に作成した書類がすぐに検索して探し当てることができるようになるのも電子化の魅力です。

条件確認
条件確認

データ化する書類の量・カラー・納期・保存方法など打ち合わせさせていただきます。過去に弊社で印刷したものであれば、その旨をお伝えください。

お引き取り
お引き取り

電子化する書類を弊社宛にお送り下さい。一度に大量の書類がある場合、複数回に分けて電子化業務を行う場合がございます。そういった場合は弊社にて事前にそれぞれのスケジューリングを行います。

電子化
電子化

専用のスキャンによってスキャニング後、データ化します。データ保存形式は「jpg / PDF / EPS」から選んでいただけます。

納品
納品

電子化したデータを納品します。基本的には納品後のデータは1カ月弊社にて保管の後、消去いたします。弊社に保管することも可能ですので、その場合はあらかじめお伝えください。

電子化業務はこういった使い方も可能です。

電子化後、弊社にて保管させていただいたデータについてはインターネット上で閲覧できるようにすることも可能です。パソコンでいつでも閲覧可能ですので、必要な際に印刷のご注文も簡単にできるようになります。

書類電子化後、紙として再度印刷することもOK!

一度電子化したデータは弊社でお預かりすることも可能です。お預かりしたデータはお客様が必要になった時に印刷・製本してお届け致します。出力見本をお求めの場合は弊社スタッフまでお問い合わせください。

ご注意ください!
※電子化業務につきましては事前に弊社スタッフと詳細を打ち合わせた上でご依頼ください。成果物の形やスケジュール、データの保存方法など、場合によって様々なケースが発生します。

よくある質問

まずはお電話下さい。

このページのトップに戻る