カタログ

商品ラインナップは目次が命!?分類表示が鍵を握る!

カタログには数多くの商品が掲載されていますが、お客さんが探している商品がどこに掲載さているのか、想像しながら探していかなければいけません。よいカタログは探している商品がすぐに見つかるもの。そのための最大のカギは項目の分類なのです。

ページ端に記載されることが多い項目表示の部分は該当するページ以外は切り取ってしまうことも可能です。もちろん、電話帳のように該当ページだけ色分けして印刷することもできます。

商品注文までの導線をしっかりと作っておきましょう。

カタログを請求してくるお客様はもちろん商品に対して興味を持っているから。見やすいページ構成も大切ですし、いざ注文しようと思ったときの申し込みはがきや申し込みFAX用紙などをしっかりと用意しておきましょう。

アイテム分類
アイテム分類

カタログに掲載するアイテムのカテゴリー分類を行います。それぞれのカテゴリーにどういった商品が含まれるのか、それぞれのカテゴリーの違いは何か、を確認していきます。

紙面構成
紙面構成

アイテムカテゴリーの分類に基づき、各商品を掲載するカタログ紙面のレイアウトを考えます。どんなに商品がよくても、紙面での見せ方が悪いと売れないのが現実です。

印刷
印刷

カタログは商品を掲載する大切なアイテム。色の映りが悪いとせっかくの商品もイメージダウンしてしまいます。シマプリはしっかりとキレイに色がでるような印刷を心がけます。

製本
製本

印刷するカタログのページ数に応じて製本方法は異なります。様々な製本方法がございますので、詳しくは弊社スタッフにお問い合わせください。

こんな製本・加工も可能です

ページ数が100ページ未満のものであれば中綴じと呼ばれる紙の間をステープルで留める綴じ方も可能です。ページ数が多いものについては無線綴じと呼ばれる本の背中に糊をつけて綴じる方法が一般的です。

シマプリなら全部まとめて対応できます!

カタログの印刷もシマプリにお任せいただきたいですが、作ったカタログはどうされますか?シマプリではカタログの印刷だけでなく、お客様へのご送付もうけたまわっております。面倒な作業はシマプリに全てお任せ下さい。

ご注意ください!
※当日発送可能分につきましては、データを午前中に納品していただく必要があります。また、印刷数量についてもお客様のご注文に応じて対応致しますので、詳しくはお電話にてお問い合わせください。

よくある質問

まずはお電話下さい。

このページのトップに戻る