報告書(上製本)

ほんの少しの工夫をするだけでしっかりとした報告書に

報告書は表紙と中身の紙を変えたりするだけでもよいのですが、表紙をカラーにしたり、報告書自体の綴じ方を変えることで一般的なものよりも、しっかりとした印象を与えることができるようになります。

簡単な報告書でも印刷会社で仕上げれば、手づくりで仕上げたモノとはまた違ったクオリティの報告書として仕上がります。

いざ、という時のために前もって準備しておくようにしましょう

報告書はスケジュールをしっかりとしておかなければ、ズレてしまうことが多いようです。「遅くともこの日にはちゃんと完成させておかなければならない」という日程の目安をきちんと決めておくようにしましょう。

条件設定
条件設定

報告書が必要な部数や色数、納期や予算、作成されたデータの種類などをお教え下さい。それらに応じて最適な印刷・製本方法をご提案します。

印刷
印刷

ページ数が少なく、小部数の報告書については専用のオンデマンド機で印刷します。データをいただいた後、印刷・製本・納品まで、通常の印刷機よりも時間がかからないのが特徴です。

製本
製本

製本方法には様々な方法がありますが、種類によっては少々時間をいただいてしまう場合もございます。あらかじめ納期をお教えいただきますようお願いします。

納品
納品

報告書を印刷・製本した後にお客様の手元へお届けします。ご依頼があれば報告書の印刷用データを弊社にて保管し、いつでも必要な際に印刷してお渡しすることも可能です。

印刷後の製本種類は様々です。

報告書を製本する場合、表紙に厚手の紙を使い、布やクロスを貼り合わせるようにすることで非常に上質なテイストの報告書に仕上げることが可能です。 厚手の紙を使うことによって報告書全体に強度を持たせることが可能なほか、背中に丸みを持たせることも可能です。詳しくは弊社スタッフまでお問い合わせください。

シマプリなら全部まとめて対応できます!

シマプリは報告書の印刷だけでなく、データの管理まで代行することが可能です。既に完成して保存されている報告書もシマプリにてデータ化し、一括管理することが可能ですので、「書類が場所を取って困る」という方はぜひ一度お声掛けください。省スペースのお手伝いを致します。

ご注意ください!
※当日発送可能分につきましては、データを午前中に納品していただく必要があります。また、印刷数量についてもお客様のご注文に応じて対応致しますので、詳しくはお電話にてお問い合わせください。

よくある質問

まずはお電話下さい。

このページのトップに戻る