印刷お困りランキング

実際に手元に届いた印刷物の色目が違う!

印刷会社にお願いしていた色と実際に届いた印刷物の色が違う…。ちゃんと校正でも確認したのに。ということ、印刷業界ではよくある話なんです。これは、「構成を出力している機械」と「実際に印刷している機械」が違うから。または印刷会社の営業担当や工場で機械を動かしている担当者自身が、色のイメージについて情報を共有していなかったりすると起きることが多いのです。
印刷物はどんなものでもお客様のイメージ通りに作らなければ意味がありません。シマプリでは、お客様がイメージした通りの色を忠実に再現することを得意としており、そのためのカラーマネジメントシステムにも力を入れております。

約束していた納期に印刷物が届かない!

ちゃんと納期を指定してスケジューリングをしていたのに、肝心の印刷物が納期になっても届かない!
到着日である今日になって、印刷会社から「印刷が間に合いません」という連絡がきた…。
印刷会社から発送はされたけど、物流の関係上、届くのが納期以降になってしまった。
こういったお声も、印刷業界ではよく聞かれる声です。印刷会社は小さい会社が多く、そのため社内のスケジュール調整がうまくいっていない会社も多いのが現実です。
シマプリでは、お客様が印刷物を必要としている納期に確実に間に合わせるため、常にスケジューリングに気を使っております。また、京都のお客様とのお仕事を中心とさせていただいている為、いざという時にも急いでお届けすることが可能です。

急いでいるのに営業が打ち合わせに来ない…

急な仕事だけど、確実にしっかりしたものを作りたいから印刷会社の営業担当者に 自社に来てもらう予定だったのに、予定の時間になってもまだ来ない!もうスケジュールも ギリギリなのにどうしよう・・・。
印刷物はこだわりがあるほど、どうしてもギリギリのスケジュールになってしまいがちです。 印刷会社の営業マンはいろんな会社様のところに伺っていますが、スケジュール調整を しっかりしていないとお客様に大変な迷惑をかけてしまいます。シマプリではしっかりと 各担当者がコミュニケーションをとり、また、無理なスケジューリングをしないように心がけています。

予想していた紙と実際の紙が違う!

「いつもの上質紙で」ってお願いしたのに、届いて印刷物がまるでコート紙だった・・・。印刷会社に確認しても「それは上質紙です。○○という種類の。」という答えが返ってくるばかり。質感が気に行っていたのに、これじゃあ全く使えないよ・・・。
これも実際に仕事をしていて聞いた声です。こだわりを持って作る印刷物ですから、どのようなイメージでどんな紙を使うのか、これもしっかりと打ち合わせをしておく必要があります。シマプリは京都のお客様がこういったトラブルに陥らないようにコミュニケーションを第一に考えております。印刷について、疑問点・不安なことがありましたら、いつでもシマプリにご連絡くださいませ。

レイアウトがずれている!なんで!?

実際にラフをもって打ち合わせしていたのに、提出されてきたデザインのレイアウトがおかしい!!
こんな経験したことありませんか?これは印刷会社の営業担当とデザイナーとの打ち合わせがうまくいってない会社に多いのです。シマプリでは印刷物のデザインについて、デザイナーと担当が常に打ち合わせしておりますので、ご安心してお任せ下さい。

まずはお電話下さい。

このページのトップに戻る